*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07.19 (Sat)

一発!カンタ君

最近、クワ作業でやること多すぎて時間が足りない みっちぇるです。

さて、一週間以上前のことですが道内メーカーから菌糸ブロックを買いました。
北斗菌糸ブロック01
買ったのはオオヒラタケ(普通/粗め)、ヒマラヤヒラタケ(普通/粗め)、カンタケ(普通/粗め)の6ブロック。
知ってる方は知っている(笑) 「色々な」評価のこのメーカー(ヲ)
(=ω=)ノ 賛否両論ってコトです

なんで購入したかと言うと・・・

ファブリース用に・・・
1・ブナオガ100%の菌糸を試したかった
2・カンタケとヒマラヤヒラタケを試したかった

といったところです。

ブナオガ100%は他でも売っていますがカンタケとヒマラヤヒラタケはあまり売って無いので試してみたいなと・・・
更にお値段が安いので実験で試してみる分には失敗してもダメージ少ないかなと・・・(笑)

まぁ・・・すべてはファブリースの為に!ってところですね。

オオクワ系にはあえてカンタケとヒマラヤヒラタケを試さなくてもいいって感じですし・・・
いま欲しいのはファブリースやビソンやウォレスに合いそうな菌糸です。
現状でもそれなりに大きいのは出ていますが、好きな種ですから少しでも大型個体を目指したい!
菌種なのか、チップなのか、水分量なのか、添加剤なのか・・・私の感覚ではもうチョット改善できそうな気がするのです。
根食い系のノコギリ属ですからマットでしょ!という意見もありますが、マットの苦手な私はやはり菌糸でいきたいところ・・・

幸いな事にクーデレちゃん(ペレファブ)から1血統で色々実験できるだけの幼虫が採れましたので色々とやってみます。

ビソンやウォレスでもホントは実験したいけど、さすがにすべての種で「ある程度のデータ」が取れる数を飼育するのはムリ(笑)
今回はファブリースに焦点を当てて行きましょう♪

さて、バンブーマットもそうですが果たしてどんな結果が出ることやら~
スポンサーサイト
【編集】 |  14:09 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2008.07.01 (Tue)

バンブーブリード♪

CHALLENGE IS MYLIFE♪ みっちぇるです

最近はオウゴンオニのマット飼育の可能性を探るべく果敢にチャレンジした虫友さんがいましたが今のところ惨敗状態。(笑)
しかしながら疑問に思ったこと、気になることを試す姿勢はすばらしいものです。(=ω=)ノ
こういった経験が飼育スキルのアップにつながるんだろうな・・・

ということで、私もプチ実験を行おうかなと・・・

今回はビソンやファブ飼育の更なる可能性を探るべく、最近気になっているマットで実験です♪

そのマットは何かと言うと・・・


竹マット!  (=ω=)ノ バンブー♪

最近、福岡ビートルさんで売り出していますが私が今回使用するのはそれとは別の竹マット。
虫友のTさんが持っていたのを分けていただきました!

クヌギやブナが主原料ではなく「竹」がメインのこのマット
クワガタが育つの?と思ってしまいますが福岡ビートルさんの竹マットではアンテやオオクワも順調に育っているようです。
「竹」というとあっという間に大きく成長するイメージがあります。
ということは・・・竹マットを食べた幼虫もあっという間に大きく成長するかもかもかも~♪  (*´Д`*)只今妄想chu♪

となればもう試すしかありません!

とりあえず、ビソン、ファブリースあたりで実験してみようかと思いますが・・・
竹マット01
こちらも袋を写した画像が見当たらないので詰めた後のどうでもイイ画像をUP(爆)

ちなみに竹100%は不安なので竹50%ブナ50%を14本、竹100%を2本作りました。♪(=ω= )


育たなかったらブログネタ
普通でもブログネタ
わりと育ってもブログネタ


バカみたいに大きくなってたら・・・・こっそりネタ封印(笑)でしょうか。

どんな結果が出るか結構楽しみです。


(=ω=)ノ バンブー♪
【編集】 |  22:55 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(14) | Top↑

2008.06.18 (Wed)

調子にのって♪

最近、夜に弱い みっちぇるです。

今日は夜中に寝てしまったので(←本来はあたりまえ)朝早くに目が覚めてしまいました・・・
となるとやる事は1つ、虫関連の作業です。(笑)

でも割出しとかは時間的に危険な可能性もあるので簡単にできそうな事を探すと・・・
ヲ、産卵セット組む予定の種が何ペアかいましたので産卵セットでもくみますか?

セット予定は、デキピエンス、ウォレス、ビソン(爆)のフチドリノコ♪(=ω=)

という事は・・・

「具だくさんカレーセット」再び!デスネ♪

まずは貯めておいた使用済みの菌糸を衣装ケースに投入
具だくさんカレーセット01
結構入れましたね♪

そしてマットを適当にいれてかき混ぜます♪
具だくさんカレーセット02
ヲ、なんか菌糸の角がとれて丸くなってますね

あとは適当なケースに移して完成~!
具だくさんカレーセット03
コバシャ中ケースに2つ分ですね


( ´・ω・) ?
? (・ω・` )
? (´・ω・`) ?

何かヘンですね?

セット予定は、デキピエンス、ウォレス、ビソンのフチドリノコ3セット

出来た「具だくさんカレーセット」は2つ・・・



分量ミスった(爆)
実験を兼ねているので、デキピエンスとウォレスを優先しましょうか?



アレですね、「カレー」はみんな良く食べるから分量大目に作りなさいってことですね(苦笑)
【編集】 |  06:21 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

2008.05.24 (Sat)

雑記01

今日、きのこの山さんから菌糸ボトルが50本届きました・・・
ファブリースとビソンがメインになりますが多分足りません(爆)

明日、マツノインセクトさんから菌糸ボトルが38本届きます・・・
国産オオオとホペイがメインになりますが多分足りません(爆)

早くボーナスが出て欲しいみっちぇるです(苦笑)

さて、幼虫が一気に増えそう?ですが、私は成虫・幼虫の管理数はエクセルでデータで残しています。当然お店から購入した成虫・幼虫のデータもあるわけですがいままでどれぐらい成体に投資しているを見てみました(笑)

幼虫購入数(頂き物含む)/金額
383匹/35万68円・・・(´・ω・`)っ にょろーん
平均:約914円

・・・35万(笑)
結構使ってますが、他の方から見ればまだまだでしょうか(笑)
レア種・高額虫マニアでないのが救いです
1匹あたりの単価が1000円切ったのは良かった d(´ω`。)ォヶ

ちなみに高額幼虫ベスト3は
1.道産オオWF1幼虫
2.170リッキーWF1幼虫
3.ヘラヘラで購入したドミニカ産ヘラヘラ(ややこしい)
でした。
実は3位が意外でした・・・当時ドミヘラ高かったもんなぁ・・・

成虫購入数(頂き物含む)/金額
89匹/19万2031円・・・Σ(~D~ノ)ノ アヘッ!!
平均:約2157円

・・・意外と購入していますね(笑)

ちなみに高額成虫ベスト3は
1.ファブリースノコ(タカクワイ)WDペア
2.ファブリースノコ(タカクワイ)WF1ペア
3.モセリオウゴンオニWF1ペア

ですが・・・
単体購入のファブリースノコ(タカクワイ)WF1♀の金額を2倍にすると余裕でモセリオウゴンオニWF1ペアを抜き3位です(ヲ)

ということで成虫購入金額はファブリースノコ(タカクワイ)が原因と・・・(爆)

しかも2位3位は今年になってから購入(ヲ)
昨年のファブリースノコ(タカクワイ)WDペアでリミッターが外れた感じです(爆)


たまにこういうデータをみて冷静にならなくてはと思いました・・・
【編集】 |  12:04 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(14) | Top↑

2008.03.31 (Mon)

実験と節約といい加減さと・・・

エイプリルフールはみんな「ウソネタ」用意してるのでしょうか?(爆) みっちぇるです


さて、羽化したオオクワ達に使用していた菌糸ボトル、結構食べてない部分があったりするのですが、そのまま捨てるのももったいない・・・ということで再利用を考えました。

再利用セット1
幼虫が食べてなく、状態の良さそうな部分とクワマットを混ぜて産卵セットに利用してみようかと・・・
具だくさんカレーみたい(笑)


で、ケースに詰めて完成♪
3分かかりませんよぅ(笑)
再利用セット2

でも作ったのはいいけど・・・果たして使い物になるのかなぁ・・・(マテ)


とりあえずブリードが簡単なビソンあたりに使って見ましょうか?
【編集】 |  02:18 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

2007.11.17 (Sat)

俺は鋭角!

でっきるっかな でっきるっかな はてはてふむ~♪
こんばんは、みっちぇるです

たまにはクワに直接関係無いネタを・・・ということで~
今回は「みっちぇる流 ゼリーカット法」(←大げさ)をお送りいたします♪

成虫の餌といえばゼリーが定番、しかし・・・
・シートをはがすと乾燥が速いしシートが剥がれにくい製品も結構ある・・・
・スプリッターで半分にする方法も手間がかかるし、製品によっては中身が丸ごとこぼれる事も・・・

・某メーカーの十字に切り込み入れる商品はハッキリ言って切れ味最悪だ・・・(爆)

と、そんなこんなで餌交換作業に時間をとられている方にオススメのシートカット法です。

1・事前準備
まず用意する物は普通のカッターと・・・30度の鋭角刃!
この30度の刃がポイントです。
カッターは100均で売っていますし30度刃も文房具コーナーや工具コーナーに置いているでしょう。
ゼリーカット1


2・セッティング
必要な物が揃ったら 早速30度刃を本体にセットします。
ここで重要なのは刃先は画像のようにほんの少しだけ出すということ
これ以上出す必要はありません!!
ゼリーカット2


3・実際の作業
それでは実際にゼリーに十字の切れ目を入れます。
画像のように刃を立てて軽く押すと・・・
「プスッ」と刃が刺さり本体にぶつかって止まります!
これが30度刃を使う理由と刃を少ししか出さない理由です。
45度の刃だと刺さりにくいですし、刃を出しすぎるとストッパーの機能が使えません!
ゼリーカット3


4・フィニッシュ
あとは「決め台詞」と一緒に手前に引いてください。(笑)
これをもう一回90度回転させておこなえば完了です!
ゼリーカット4

・・・ネ、簡単でしょ(b^ー゜)

5・注意事項
面白いからってやりすぎには注意しましょう!


それでは「へぇ~」のかわりにお一人様20拍手までどうぞ~(笑)
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
【編集】 |  00:05 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2007.09.13 (Thu)

材飼育

現在のオオクワ飼育の主流は菌糸ですが、過去のトレンド(笑)といえば材飼育!!
昔のブリーダーの皆さんの飼育方法はどんな物だったのか?
百聞は一見にしかず・・・
というわけ?で・・・私も今回一部の幼虫を材飼育しています。

え?ホントの理由(笑)
1・割り出し時の材の中心部が硬く、無理して割り出すと「プチュ」しそうだった
2・十分な数の幼虫は採れていた&材の中には残り1、2匹と予想できた
3・割り出して手が痛くなっていた(マテ)
以上から材飼育を実験する良いチャンス・・・みたいな(笑)

で、菌糸組がスクスク育っているので材飼育組はどうかな?と確認する事にしました。

まず、マツノ久留米の予備ラインを確認すると・・・2頭発見♪
材飼育1

材飼育2




ちっさ~(笑)
まさかここまで差が出るとは・・・上記にも書いたとおり同一セットからの幼虫なので孵化時期はほぼ同じです。
菌糸やマットに比べて栄養が少ないのでしょうね(餌は通常の産卵材やカワラ材)まだ2齢がいるとは正直予想外・・・

さらにマツノ久留米の本命ラインも確認すると、こちらからは3頭出てきましたが、こちらも成長が遅いですね~
材飼育3

1頭あたり3~6gってところです。菌糸飼育だと20gオーバー、材飼育だと3g・・・
このまま材飼育を続けると平気で2年ぐらいかかりそうな勢いです(笑)
昔、材飼育していた人はこんな感じの飼育だったのでしょうか?
まだまだ先は長そうです。でも、くじけず「材飼育」は続行です!
いつか現れるであろう、おしりのキュッと締まった美形オオクワを夢見て、このまま飼育したいと思います♪
【編集】 |  01:14 |  実験/データ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。